フロンティアのオリジナルプラン「 ZEROCUBE(4LDK) 」と「 ZEROWEAR(4LDK) 」のご紹介。
フロンティアのオリジナルプラン「 ZEROCUBE(4LDK) 」と「 ZEROWEAR(4LDK) 」のご紹介。
家づくり情報 2022.01.25

フロンティアのオリジナルプラン「 ZEROCUBE(4LDK) 」と「 ZEROWEAR(4LDK) 」のご紹介。

家づくり情報 2022.01.25

LIFELABELでだしているZERO-CUBEの基本プランは3LDKです。

基本プランである3LDKのZERO-CUBEへ「 +BOXや+STORAGE、+SKYBALCONYや+GARAGE、+ECOや+LOHAS 」などを用意して、お客様が持っているそれぞれのライフスタイルを受け止め、その夢を家づくりに注ぎ込むというオーダー感覚の喜びを提案。

「 お気に入りの服に合わせてアクセサリーを選ぶよう、こだわりや楽しみをプラスする住まいの新発想 」という考え方で豊富なラインアップを用意してあるので自由にセレクトしながら、わが家だけの住み心地をコーディネートしていただけます。

私達も大好きなZERO-CUBEのコンセプトですが、いつも建物を好きなように配置できる宅地に出会えるわけではありません。

住みたい街に必ず余裕のある大きさで価格も手ごろな分譲地があるわけではないので、+BOXや+GARAGEなどを付けたり、外構工事でカーポートなどを作ろうとしたり、庭を作ろうとすると敷地に入りきらなくなることもあります。

また、最初から大きい土地は管理が面倒なので、管理しやすい大きさの土地を探し、地方都市ではマイカーが必要なので、ひと家族に2~4台の駐車スペースを確保しながら土地を探すお客様が多いように感じます。

上記のお客様方へ3LDKでは対応が難しいと考え、50坪前後の宅地にも配置しやすいよう、フロンティアのオリジナルプラン「 ZEROCUBE(4LDK) 」と「 ZEROWEAR(4LDK) 」をつくりました。

オリジナルプラン(4LDK)なら建物を大きくせず、部屋数を1つ増やしても、余裕のある空間で暮らすことが可能となりました。

上記プランには、私が1部上場ハウスメーカーで学んできた家づくりの経験と、ZERO-CUBEがもともと持っている魅力的な建物のデザインを活かしてあります。

オリジナルプランについて興味のあるお客様はぜひ、株式会社フロンティアへお問い合わせください。

 

ZEROCUBE(4LDK) の外観は以下になります。

 

ZEROWEAR(4LDK) の外観は以下になります。

 

お客様が「 60坪以上の宅地が欲しいとか、延床40坪の家を建てたい 」 と仰ることが多いのですが、だいたいのお客様はなぜ大きいものが欲しいのかハッキリした理由は無いように感じます。お客様に大きい家を建てていただければ、請負契約額も大きくなりますが、私たちは不要なものを張り付けたような家をお客様へお勧めするのは好みません。

無駄な部屋や通路を無くせば生活空間はそのまま、延べ床面積を減らすことが出来ます。そのスペースは本当に必要なのか、お客様と打ち合わせをしていくと余計な面積を削ることができ、住宅ローンの総額を抑えられます。

上記の考えに反しますが、予算を削るためもしくはただの好奇心でしょうか、建物の一部を不自然に削って美しくない姿に変えようとするお客様には本気になって説得をします! せっかく住宅ローンを組んで購入するのですから、性能だけでなくデザインも大事だと思います。

仕事を終えて帰ってきたとき、明かりが灯った美しいわが家を見て 「 この家を建ててよかった 」 と思っていただけるよう、そのように考えながらハウスメーカーでの修業時代から提案させていただいてます。

弊社はデザインと性能が両立した家づくりを目指しております。

RECENT POSTS 同じカテゴリの最新記事
RECENT POSTS 同じカテゴリの最新記事